佐賀市の食品卸売業「鶴商興産」は、道の駅しろいし(白石町)で白石レンコン入りのイノシシ肉ソーセージを販売している。農家を困らせる害獣の資源化を模索する中で地元食材とコラボした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加