高齢化や人口減少で中山間地の物流維持が難しくなっていることを受け、島根県美郷町は2日、町全域でドローンの飛行を可能にし、物流に活用する方針を明らかにした。国土交通省によると、物流用ドローンの運航は二つの地点間のルートで登録するのが一般的だが、自治体全域で飛行できるようになれば、全国でも異例。

 町は、ドローンの電力に使う蓄電池や太陽光パネルの設置費用を盛り込んだ補正予算案を3日の町議会に提出する。可決されれば、国土交通省と協力して実施企業を募り、来年度中にも実証実験を始める予定

 美郷町は島根県の中央部。人口はピークだった50年代の4分の1で約4600人。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加