■基肄城発見の功労者 「明治末期から大正初頭にかけて専門史家の間で議論された神籠(こうご)石問題から、天智天皇の御代に築かれた日本最初の朝鮮式山城椽(き)城(基肄(きい)城)の遺跡が顕現した」 基山…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加