第一章 気宇壮大(二十六) 佐野は口数が少ない男で、必要なこと以外は口にしない。だが、その口から出た言葉は貴重なものばかりなので、精錬方では一字一句を書き取る者がいるほどだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加