出演する(左から)広瀬すずさん、松たか子さん、上川隆也さん、志尊淳さん(提供)

 演出家・野田秀樹の企画製作会社「NODA・MAP」の第23回公演「『Q』:A Night At The Kabuki」が10月31日~11月4日、北九州芸術劇場大ホールである。東京・大阪以外では北九州のみの公演。チケットを9月7日10時から発売する。

 シェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」を元に「ロミオとジュリエットが実は生きていたとしたら」という発想で描く。合計4人のロミオとジュリエットを演じるのは松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳。

 さらに、世界的ロックバンド・クイーンの名盤「オペラ座の夜」を演劇にできないかとのオファーに基づき世界観を構築。クイーンの「公認」を受け、同アルバムの全楽曲について使用許可を得た。

 作・演出は野田秀樹。公演予定は10月31日・11月1日は19時から、同2日は13時と18時、同3・4日は13時。S席1万2000円、A席8500円。サイドシート5700円(25歳以下3000円=要身分証提示、劇場のみ取り扱い)。高校生割引シート1000円(要学生証提示、劇場のみ取り扱い)。購入時、来場者全員の氏名・連絡先が必要で当日本人確認あり。1公演につき2枚、2公演まで購入可能。

 プレイガイドは北九州劇場プレイガイド・オンラインチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス。問い合わせは同劇場、電話093(562)2655=10~18時。

このエントリーをはてなブックマークに追加