原子力規制委員会は26日、原発の新たな規制基準の適合審査に伴って、原発立地自治体と共催で開きたいとしていた「公聴会」を事実上、撤回した。自治体側の強い反発を踏まえた判断。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加