九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉(佐賀県)の整備について、与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)が「フル規格が適当」とする方針を確認したことについて、JR九州の青柳俊彦社長は28日の定例会見で、「非常にうれしく思う」と述べた。

 一方、来年度予算の概算要求に環境影響評価(アセスメント)費の計上が見送られることや、新鳥栖―武雄温泉の具体的なルートが決まっていないことについて「北陸新幹線と比べ、後れを取るのではないかと危機感を持っている」とした。ルートに関しては、佐賀駅を経由するルートしか考えられないとする従来の主張を繰り返した。

 PT下部組織の与党検討委は国土交通省、長崎、佐賀両県、JR九州の4者による協議の場の設置を求めており、青柳社長は「4者協議が始まっていくことが肝心」と述べた。佐賀県がフル規格前提の協議には応じない姿勢を示していることについては「協議の前提として、国から佐賀県にこれまでの経緯の丁寧な説明が必要」とした。(長崎新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加