線状降水帯ができるメカニズム(イメージ)

 九州北部の28日午前5時までの1時間降水量の分布(気象庁ホームページより)

 九州北部は前線の影響で積乱雲が同じ場所で連続発生して大雨を降らせる線状降水帯が形成された。局地的に1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り、河川の氾濫、浸水害につながった。専門家は、特に低い平地が広がる佐賀県で大雨と満潮の時期が重なって水はけが悪くなり、冠水地域が続出するなど被害が拡大した可能性を指摘する。

 気象庁によると、線状降水帯は28日未明から明け方に形成された。背景には、前線や低気圧に東シナ海から暖かく湿った空気が流れ込み、陸地で山とぶつかった地形的な理由が挙げられる。白石町で28日早朝の3時間雨量が245・0ミリを記録するなど複数の地点で観測史上の最大値を更新した。

 河川災害に詳しい九州大工学研究院の島谷幸宏教授(河川工学)は、地域ごとに被害が異なるとした上で「潮位が高い時間帯に大雨が降り、海への水はけが悪くなって氾濫した地域もあったのではないか」と指摘する。

 例えば、有明海に面した太良町の満潮は午前7時ごろだった。佐賀県は海面より低い地域に多くの人が生活している「水害の常襲地帯」。大雨で河川が氾濫すると被害が大きくなるリスクを常に抱えている。

 線状降水帯の発生を予測することは現在の技術では難しい。気象庁は、状況次第で再び大雨特別警報を出すことがあり得るとしている。水害から身を守るには、早め早めの決断が必要だ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加