与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームの会合を受け、報道陣の質問に答える山口祥義知事=佐賀県庁

 九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備を巡り、佐賀県の山口祥義知事は27日の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の会合を受け、「いろいろな可能性があり、特にフル規格は短時間で決められるようなものではない。幅広い議論が必要だと思う」と与党ペースの議論をけん制した。

 与党PTは国土交通省に対し、佐賀、長崎両県とJR九州を含む4者で整備方式を協議するように求めた。山口知事はフル規格が前提の場合、協議に応じないとしており「(フル規格が前提かどうか)よく国に確認しなければならないと思っている」と県庁で報道陣に述べた。

 長崎県の中村法道知事は県庁で取材に応じ、来年度予算の概算要求に環境影響評価(アセスメント)費の計上を見送ることを与党PTが了承したことについて「佐賀県の状況などに配慮されたのでは」と受け止めた。4者協議については「しっかりと参加して、佐賀県が(与党検討委の)基本方針に対してどのような考えか、これからどう取り組んでいくのか、お聞かせいただきながら一緒に検討を進めていきたい」と意欲を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加