知事選の支援体制が絡み混戦となった三養基郡では、自民の宮原真一さん(45)が9千票を集め、初出馬から続くトップ当選を維持した。「不安もあったが、これで皆さんの役に立てる」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加