バレーボール成年女子グループ戦・佐賀-長崎 第2セット、佐賀の帯川きよら(2)がスパイクを決め、4-2とする=嬉野市中央体育館

 国体第39回九州ブロック大会は25日、嬉野市中央体育館などで8競技があり、佐賀県勢は5競技で本国体出場権を手にした。

 バレーボールは成年女子の久光製薬スプリングスが長崎を2―0で下し、本国体出場を決めた。ラグビーとボクシングはともに成年男子と少年男子が本国体出場権を獲得。バスケットボールは少年女子、アーチェリーは成年女子と少年女子が本国体に進む。

 

バレーボール◇最終日

 【成年男子】グループ戦続き 長崎2―0佐賀

 ▽順位 (4)佐賀3敗

 【成年女子】グループ戦続き 佐賀2―0長崎

 ▽順位 (1)佐賀3勝=本国体出場

 【少年男子】グループ戦続き 佐賀2―0沖縄▽代表決定戦 福岡2―0佐賀

 【少年女子】グループ戦続き 熊本2―0佐賀▽代表決定戦 大分2―0佐賀

アーチェリー◇最終日

 【成年男子】(6)佐賀1824点(丸山618点、小副川610点、畑瀬596点)

 【成年女子】(1)佐賀1825点(宮原631点、小部611点、宇都宮583点)=本国体出場

 【少年男子】(4)佐賀1747点(江口603点、大坪594点、嶋田550点)

 【少年女子】(2)佐賀1739点(本田613点、田中576点、増本550点)=本国体出場

バスケットボール◇最終日

 【少年男子】決勝リーグ2位グループ 宮崎101―78佐賀、佐賀67―51大分

 【少年女子】決勝リーグ1位グループ 福岡98―54佐賀、佐賀81―66長崎

 ▽順位 (2)佐賀=本国体出場

ホッケー◇第3日

 【成年男子】

 ▽決勝

鹿児島 0―0 佐賀

  (SO4―3)

 【少年男子】準決勝 佐賀3―2熊本

 【少年女子】準決勝 佐賀1―0熊本

卓球◇最終日

 【成年男子】リーグ戦続き 沖縄3―1佐賀、佐賀3―1大分、佐賀3―2熊本

 ▽順位 (6)佐賀2勝5敗

 【少年男子】リーグ戦続き 長崎3―0佐賀、佐賀3―0鹿児島、佐賀3―0沖縄

 ▽順位 (7)佐賀2勝5敗

 【少年女子】リーグ戦続き 佐賀3―1長崎、熊本3―2佐賀、佐賀3―0沖縄

 ▽順位 (5)佐賀3勝4敗

ラグビー◇最終日

 【成年男子】決勝トーナメント1回戦 佐賀31―21沖縄

 ▽同決勝

佐賀 38―5 熊本

(佐賀は本国体出場)

 【女子】決勝トーナメント1回戦 鹿児島12―7佐賀

 【少年男子】

 ▽代表決定戦

佐賀 28―13  長崎

(佐賀は本国体出場)

ボクシング◇最終日

 【成年男子】

 ▽ライトフライ級決勝

金谷 勇利(中央大) 5―0 大城 龍弥(沖縄)

 ▽バンタム級決勝

北浦 龍馬(長崎) 4―1 野上 翔(拓殖大)

 ▽団体 (4)佐賀14点=本国体出場

 【少年男子】

 ▽ピン級決勝

荒竹 一真(鹿児島) 1RRSC 久原 達喜(白石高)

 ▽ライト級決勝

宮原 紳瑠(高志館高) 3―2 祝  聖哉(福岡)

 ▽フライ級決勝

川野 蓮斗(宮崎) 3―2 山口 友士(杵島商高)

 ▽ミドル級決勝

松野 晃汰(宮崎) 5―0 赤司 拓也(高志館高)

 ▽団体 (3)佐賀21点=本国体出場

クレー射撃◇最終日

 【成年】スキート (3)佐賀254点=本国体出場

 

全勝、全てストレート バレーボール成年女子

 バレーボール成年女子の佐賀代表は、昨季のVリーグ女子王者、久光製薬スプリングスの単独チーム。長崎に2-0で勝ってグループ戦3試合全勝で本国体出場を決め、酒井新悟監督は「全てストレートで取れたことはよかった」と話した。

 第1セット序盤は6連続失点を喫するなど勢いに乗れなかったが、井上愛里沙が得点を量産して突き放し、25-19で制した。第2セットも一進一退の攻防から今村優香や加藤光が要所でスパイクを決めて25-23で競り勝った。

 チームは6月下旬から佐賀県内で強化合宿を行ってきた。攻撃の精度向上に重点的に取り組んでいるが、「自分たちが目指す姿までは、もう一つランクを上げていかないといけない」と酒井監督。3連覇がかかる本国体に向け、指揮官は「試合形式の練習を増やし、完成度を高めていきたい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加