有田町社協の岩永千津事務局長(右)に目録を手渡した国際ソロプチミスト有田の黒髪俊子会長=有田町の大有田焼会館

 国際ソロプチミスト有田(黒髪俊子会長、11人)は22日、有田町社会福祉協議会にパーテーション6枚を寄贈した。待合室で相談者のプライバシーを確保するための仕切りなどとして使われる。

 パーテーションは1・8メートル×0・9メートル。キャスター付きで可動しやすく、相談待合室のほか、子育てイベントや災害時の区切りや連絡事項の掲示板などとして活用される見込み。

 黒髪会長は「福祉向上の役に立てば」と話し、目録を受け取った町社協の岩永千津事務局長は「早速、来月の相談会で活用したい」と語り、お礼を述べた。

 同団体はこれまでに、盲導犬や介助犬貸与への協力、有田駅の駐輪場整備、太鼓芸能集団の公演開催など福祉や文化の向上へ活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加