国民民主党県連の常任幹事会の会合内容について説明する、県連代表の原口一博衆院議員(左)=佐賀市鍋島の県連事務所

 国民民主党県連は25日、佐賀市で常任幹事会を開いた。九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式見直しを巡る問題で、「フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)を断念した責任が政府・与党にあることを明らかにすることが先」とする認識で一致した。

 県連代表の原口一博衆院議員(佐賀1区)は、冒頭のあいさつでフル規格での整備に反発している佐賀県を引き合いに「県が今言っていることが正しいと思う。県連としても全力で応援したい」と言及。「フル規格が適当」との見解をまとめて議論を急ぐ与党検討委の姿勢を批判した。

 会合後、報道陣の取材に対し「政府・与党がFGT断念の責任を取らず、県に負担を求めるのは絶対に認められない。もし(フル規格での整備を)強行するなら新しいスキーム(枠組み)が必要」と述べ、国会でも追及する構えを見せた。

 衆参両院の会派合流に関する立憲民主党との合意についても報告があり、県連も了承した。

このエントリーをはてなブックマークに追加