日本―チュニジア 第2クオーター、シュートを決める渡辺雄=さいたまスーパーアリーナ

 バスケットボールの強化試合は25日、さいたまスーパーアリーナで行われ、31日に中国で開幕する男子のワールドカップ(W杯)に出場する世界ランキング48位の日本は、同51位のチュニジアに76―78で競り負けた。

 八村(ウィザーズ)をメンバーから外した日本は、48―59からの最終クオーターに馬場と田中(ともにA東京)の3点シュートや渡辺雄(グリズリーズ)の得点などで一度は逆転に成功。しかし76―76の試合終了間際、相手に得点を許した。

 女子で世界ランキング10位の日本は同39位の台湾を81―58で下した。高田(デンソー)が最多15得点だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加