日本クラブユースサッカー選手権で2年ぶり2度目の優勝を果たし、喜び合うサガン鳥栖U-15の選手たち=北海道の幕別町運動公園陸上競技場(十勝毎日新聞社提供)

 中学生世代のクラブチーム日本一を決める第34回日本クラブユースサッカー選手権U-15大会(日本サッカー協会など主催)最終日は24日、北海道幕別町で決勝があり、サガン鳥栖U-15がセレッソ大阪U-15に1-0で競り勝ち、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

 大会には全国9地区の予選を勝ち抜いた48チームが出場。決勝は互いに一歩も引かない接戦となったが、後半19分、MF北野真平のパスを受けたFW浦十藏が先制点を奪った。鳥栖はその後もハードワークを続け、見事に頂点に立った。

 大会MVPには、攻守で優勝に貢献したFW鬼木健太が選ばれた

 

このエントリーをはてなブックマークに追加