9回目を迎える唐津検定のポスター

 唐津商工会議所は、「第9回唐津検定」を11月24日に開催する。今年のテーマは「唐津のひと」。幅広い時代から、政財界や文化など多彩な分野で活躍した唐津にまつわる人物への理解を深める。

 検定は午前10時から、ふるさと会館アルピノで行われる。問題は全100問、「唐津のひと」は50問以上出題する。当日持ち込み可能な検定公式本「唐津探訪」からは7割程度出題する。マーク方式の3択で、受験時間は90分。

 100点満点で合格は70点以上、小学生以下は50点以上で合格。全ての合格者に唐津くんちの9番曳山(やま)「武田信玄の兜」をデザインした合格手形が贈られるほか、満点合格者に唐津産コシヒカリ3俵(180キロ)を、小学生部門の最高得点賞にはステーキハウス蜂のペア食事券などを贈る。受験者全員にもさまざまな特典がある。

 受験料は一般2千円、小学生以下500円(親子で受験の場合、小学生以下無料)。商工会議所に持参するか、専用の振込用紙で郵便局に申し込む。締め切りは10月25日。検定の問い合わせは同会議所、電話0955(72)5141。

このエントリーをはてなブックマークに追加