【バーゼル(スイス)共同】日本バドミントン協会は24日、世界選手権女子ダブルス準々決勝で負傷のため棄権した米元小春(北都銀行)が左アキレス腱を断裂したと発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加