9月1日から営業を開始するメモリードホール小城=小城市小城町

 冠婚葬祭事業を展開するメモリード(本社・長崎県長与町、吉田昌敬社長)は9月1日、小城市小城町に「メモリードホール小城」をオープンする。23日、現地で完工式が行われ、地元住民や関係者ら約100人が参加した。

 家電量販店「ベスト電器小城店」の元店舗を再利用し、建物面積は約890平方メートル、敷地面積は2757平方メートル。

 大小二つのホールは少人数の家族葬から約150人の一般葬が行える。故人に寄り添えるよう、ホールと控室を一体にするなどし、ベッドルームも備えた。同社の県内斎場では18施設目。

 吉田社長は「小城に斎場をとの互助会員の方々から声があがりオープンに至った。地域の方々のお役に立てば」と話した。

 24日~28日の午前10時~午後3時まで内覧会や遺影写真撮影のイベントなどを開く。問い合わせは電話0952(27)0070。

このエントリーをはてなブックマークに追加