家庭内の家事のやり方や分担に対する不公平感など、家事に関する意識や行動のギャップ「家事ギャップ」に関するセミナーが9月7日午後2時から、佐賀市兵庫北のほほえみ館で開かれる。実技などを通して課題解決のコツを学ぶ。参加無料。

 総務省の調査によると、県内の共働き世帯の割合は2017年、53・8%で全国10位と高い。6歳未満の子どもがいる夫婦の1日当たりの家事関連時間は16年、妻が415分に対し、夫は96分と、妻が4倍以上の時間を担う。

 セミナーでは、子どもが生まれる前から家事を男女ともに担う大切さを学ぶ講義に加え、「皿洗い」について、実技も交えて学ぶ。

 子育て中かどうかを問わず参加できる。先着20組で、託児(生後6カ月~就学前、無料)希望者は28日までに申し込む。問い合わせはアバンセ、電話0952(26)0011。

このエントリーをはてなブックマークに追加