「一人一人が差別をなくす担い手に」と話す佐後映雄さん=鳥栖市民文化会館

 8月の同和問題啓発強調月間に合わせて、鳥栖市同和問題講演会が19日、市民文化会館で開かれた。三重県桑名市の住職で人権擁護委員などを務める佐後映雄(さごえいゆう)さんが「差別のない社会を目指して」と題して講演した。

 学校、行政関係者ら400人以上が聴講した。佐後さんは差別とは「自分の責任ではないことで、他の人とは異なる不本意な扱いや不利益を受け、幸せに生きる権利を奪われること」と説明した。その上で「いじめや差別を受けている人がいたら、『かわいそうに災難やな』と傍観するのではなく、自分のこととして捉え、それらを許さない地域づくりを進め、一人一人が差別をなくす担い手になることが大切」と説いた。

 差別を助長するものとして「迷信・偏見」を挙げ、「科学の発達した現代に、そんなことを信じて振り回されてはいけない」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加