国土交通、農林水産、環境の3省は23日、下水道や浄化槽など汚水処理施設を利用できる人が2018年度末で1億1608万人になったと発表した。人口に対する普及率は前年度比0・5ポイント増の91・4%。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加