与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は27日に都内で会合を開き、九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉間の整備方式見直しで「フル規格が適当」との結論を出したPT検討委員会の基本方針を確認する。

 関係者によると、議題は長崎ルートの検討状況と、整備新幹線関連の2020年度予算概算要求の2点。長崎ルートの整備区間を協議したPT検討委が5日にまとめた基本方針や、事業の進展状況を確かめる。

 北陸新幹線を含め、建設費の上振れに対応するための安定的な財源見通しなどについても協議するとみられる。長崎ルートについては、ルートが未定の状況で概算要求をするかどうかが注目されている。

 新幹線整備を巡っては、佐賀県がフル規格化に反発している。PT検討委は国土交通省と佐賀、長崎の両県、JR九州による4者協議を求めているが、実施には至っていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加