全米オープンの会場で左膝にサポーターを施し調整する大坂なおみ=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】26日に開幕するテニスの四大大会最終戦、全米オープンで、2連覇を目指す女子シングルスで第1シードに決まった大坂なおみ(日清食品)が22日、ニューヨークの会場で調整した。前哨戦のウエスタン・アンド・サザン・オープン準々決勝で痛めた左膝には黒いサポーターを施していたが、痛みを気にするそぶりは見せなかった。

 世界ランキング1位の大坂は時折笑顔を浮かべ、ストロークの練習ではバックハンドを入念に確認した。

 その後行われた組み合わせ抽選で初戦の相手が世界93位のアンナ・ブリンコワ(ロシア)に決まった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加