佐賀県は子どもの目線から誰もが暮らしやすい街づくりについて考える交流会を、9月8日午後2時から佐賀市水ケ江の「おへそこども園」で開く。保育や地域おこしの現場で活躍する専門家のクロストークのほか、ワークショップも行われる。参加者を募集している。

 県が取り組むユニバーサル社会の推進の一環で、「レッツさがすたいるトーク」と銘打って開く。

 ゲストによるクロストークでは、保育士に人気の「遊び」や「学び」を共有・紹介するウェブサイト「HoiClue(ほいくる)」を運営する雨宮みなみ氏など4人が、子どもの言動を理解して良好な関係を築くための方法や、多様な世代間の交流の必要性などについて話す。子どもの目線で暮らしやすい街づくりを考えるワークショップや、参加者全員によるフリートークも実施する。

 定員は先着40人で無料だが、事前の申し込みが必要。問い合わせは県県民協働課、電話0952(25)7068。

このエントリーをはてなブックマークに追加