佐賀県は労働時間短縮の取り組み「Lets“ゆとり”!キャンペーン」に参加する県内事業所を募集している。9月1日からの3カ月間、ノー残業デー実施や年次有給休暇取得を進め、ワーク・ライフ・バランスの推進につなげる。

 参加する事業所はノー残業デーや年次有給休暇の取得に取り組むことを宣言して実践する。県が事業所ごとの宣言内容を印字した「宣言書」を発行する。部署ごとの参加もできる。事業所の都合で参加でき、18年度は民間や、県と市町を合わせて249事業所、1万9543人が参加した。

 県内の30人以上の事業所の労働者1人当たりの平均年間総実労働時間は、18年度が1906時間と前年度を26時間上回った。全国と比べても137時間長く、直近の3年間で見ると全国が減少傾向にあるのに対し県内は増加傾向にある。

 各月の第2水曜日は「県内一斉ノー残業デー」も設定されている。県産業人材課は「労働時間や今後の働き方を考えてもらうきっかけにしてほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課、電話0952(25)7100。

このエントリーをはてなブックマークに追加