北朝鮮が人工衛星と称する弾道ミサイル発射を国際機関に通報したことを受け、佐賀県は3日、危機情報連絡室を設置し、警戒態勢を強化した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加