JR東日本によると、東北新幹線で走行中の列車のドアが開いたトラブルは、清掃作業員がドアコックと呼ばれる手動でドアを開けるための装置を閉め忘れたのが原因だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加