佐賀市の教育ICT企業「NEL&M(ネル・アンド・エム)」が制作した「情報モラルかるた」。教育教材を対象としたコンテストで優秀賞を受賞したことで、全国から注目が集まっています。

 主に教育に関するICT事業を展開する「NEL&M」(佐賀市)が制作した「情報モラルかるた」が、公益財団法人 消費者教育支援センターが主催する「消費者教材資料表彰2019」で優秀賞を受賞しました。教育現場で役立つ優秀な教材を表彰するもので、日本マクドナルドやLINEといった大企業と並んでの受賞となりました。

 情報モラルかるたは2016年頃から試作を重ね、18年3月に完成し販売がスタート。「あ」から「ん」までの46文字の読み札と、親しみやすいイラストが描かれた絵札から構成されています。「けいさつも 目を光らせる ネット犯罪」「さいがいの 時こそ 正しい情報を」など子どものネットリテラシーや情報セキュリティーに対する警鐘に加え、「りようきやく 大人も一緒に よく読んで」「ねぇ聞いて スマホを置いて 私の話」のように、大人への注意喚起も含まれています。同社代表の田中康平さんは「繰り返し遊ぶことで、情報モラルが自然と身につくように意識した。親子でコミュニケーションをとりながら、楽しくICTについて学んでもらえれば」と期待しています。

   

情報モラルかるた
価格:2400円 ※教育機関用のセット販売もあり
公式HP、Amazonで販売中
(公式HPから購入の際は別途送料が必要)

【問い合わせ】
株式会社NEL&M
電話 0952-37-7564
「情報モラルかるた」で検索

このエントリーをはてなブックマークに追加