山口祥義知事(左)からSSPアンバサダーの委嘱状を受け取るサガン鳥栖のフェルナンド・トーレス=佐賀県庁

 23日に現役を引退するサッカー・J1サガン鳥栖のFWフェルナンド・トーレス(35)が20日、世界に挑む次世代のスポーツ選手の育成などに向けて佐賀県に助言するアンバサダー(大使)に就任した。佐賀県庁で就任式があり、「光栄に思う。魅力あるプロジェクトを全力で実現する努力をする」と述べた。

 トーレスは「佐賀に来たときに素晴らしい歓迎を受け、何らかの形で恩返しをしたいと思っていた。子どもたちの将来を支えることに協力したい」と、引き受けた経緯を説明した。その上で「失敗を怖がらずに努力する、失敗をしてもいつか成功するという精神を教えたい」と強調した。

 委嘱状を手渡した山口祥義知事は「子どもたちのことを考えてくれていることがうれしい。都合が合う限り、佐賀県のためにお願いします」と応じた。

 アンバサダーは、県が「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」の一環で設けており、選手の育成やスポーツの普及、競技人口の拡大などに協力する。

 本拠地の鳥栖市の駅前不動産スタジアムで23日、引退試合となるヴィッセル神戸戦に臨むトーレスは「キャリアの最後を佐賀で迎えられることはうれしく、感謝している。勝ち点3を取りたいし、ゴールを決めることができれば、よりうれしい」と力を込めた。

 トーレスは、サガンのユース世代を育成するクラブアドバイザーへの就任も決まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加