立憲民主党と国民民主党が衆参両院で会派を合流することで両党首が合意した20日、国民民主国対委員長の原口一博衆院議員(佐賀1区)と、無所属で立民会派の大串博志衆院議員(佐賀2区)は「政権交代に向けた第一歩」と述べ、国会での野党連携の流れを歓迎した。 

 原口氏は「(2017年の)衆院選で安倍政権に対峙(たいじ)する大きな塊をつくることを公約に掲げて当選した。政権交代に向けた第一歩になる。ここまでたどり着けたことに関係者、支援者に感謝したい」と述べた。

 大串氏も「『野党が大きな塊をつくるべき』という声を、日々の活動や前回の参院選で耳にしてきた。その流れをつくるために無所属の議員として汗をかいた自負がある」と話し、「統一会派という形で一つの実りとなったことをうれしく思う」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加