“北海道開拓の父”と呼ばれる島義勇(よしたけ)を顕彰する集いが13日、札幌市の北海道神宮であった。佐賀県から山口祥義知事をはじめ4人が参加し、島の功績を語り合いながら、北海道と佐賀の交流を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加