■高齢化で財政硬直 教育と子育て支援、柱に まちおこし策を練ってもらうと、昨年9月に誕生した大町町若手職員による「町活性化推進プロジェクトチーム」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加