羽にけがをして保護されていた絶滅危惧種の水鳥クロツラヘラサギが3日、ねぐらになっている鹿島市浜町の浜漁港近くの中州に放された。動物病院での治療を経て、自然界に戻る状態まで回復したと関係者が判断した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加