動物などをかたどったイルミネーション=伊万里市東山代町川内野

 佐賀県伊万里市東山代町川内野地区に11日夜、イノシシよけの柵を利用したイルミネーションがともされた。住民らが昨年から始めた地域おこしの取り組みで、山あいの集落に約400メートルの光の帯が浮かび上がった。11月末まで点灯する。

 周辺は昨夏の豪雨で土砂崩れなどの被害を受け、イルミネーションには地元を元気づけたいとの思いも込められている。昨年に続き、佐賀大で地域おこしを学ぶ学生たちが作業を手伝った。

 点灯式には地区外からも大勢の人が駆け付け、アーチ形の門や動物をかたどった電飾の前で写真撮影を楽しんだ。山本三夫区長(78)は「今後も若い人の力を借りながら、この取り組みを続けていきたい。できれば他の地域にも広がってほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加