佐賀の七賢人の一人である江藤新平をしのぶ「銅像まつり」が、命日の翌日にあたる14日、佐賀市の神野公園で開かれた。約60人が出席、近代日本の司法の礎を築き、「人権の父」と評される江藤の功績をたたえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加