開会式で選手宣誓する伊万里の波多准主将=伊万里市の国見台野球場

 第33回伊西地区高校野球新人戦(県高野連主催、佐賀新聞伊万里・西松浦地区販売店会など後援)が17日、伊万里市の国見台野球場で開幕した。第1日は1回戦2試合があり、有田工と伊万里が決勝へ進んだ。

 大会は同地区のレベルアップを目的に毎年開催。今春再編された伊万里商と伊万里農林は、新チームとなった今大会では合同チームの伊万里商・伊万里農林・伊万里実として出場。前回までの5チームから4チームで争うことになった。

 開会式では大会会長の外戸口良文伊万里農林校長と井手研一佐賀新聞社販売局長が「新時代の到来となる大会。周囲への感謝の気持ちを込め、はつらつとしたプレーを」と激励。伊万里の波多准主将が声高らかに選手宣誓した。

 最終日は18日、同球場で決勝がある。

 

▽1回戦

敬 徳042 004 200-12

有田工504 013 05×-18

(敬)井上、大川内、大田-中野

(有)井上大、川崎、松尾球、川尻-前田

▽本塁打 井上(敬)

▽三塁打 古川、前田、松尾歩(有)▽二塁打 大川内(敬)古川2、北村(有)

 

伊万里     200 000 200-4

伊万里商・農・実000 000 000-0

(伊)長尾、波多-井手

(実)吉田-池田

▽三塁打 川田(伊)▽二塁打 長尾(伊)

このエントリーをはてなブックマークに追加