鳥栖-湘南 前半41分、追加点を挙げチームメートと喜ぶ喜ぶ鳥栖FWクエンカ(中央)=神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚

 FWクエンカは先制点を含む2得点の活躍を見せた。ただ、「リラックスしてはいけない。自分たちはまだ何も成し遂げていない。勝ちに値するだけのことを続けていくだけ」といつも以上に引き締まった表情で話した。

 見事な連係から生まれたゴールだった。25分、DF原が中央のFW金崎にボールを預け、再び受けた原がクロスを入れると、中央で待ち構えたクエンカが右足で押し込んだ。41分の2点目も同じく原のクロスから奪ったゴール。クエンカは「チームメートとのコンビネーションがうまくいった。相手DFより前に出る意識で入った」と振り返った。

 23日のヴィッセル神戸戦で同郷のFWトーレスが引退する。クエンカは「スペシャルな試合であることに間違いないが、リラックスせず、勝ちをしっかり意識したい」と力強く話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加