鳥栖-湘南 前半41分、追加点を挙げチームメートと喜ぶ喜ぶ鳥栖FWクエンカ(中央)=神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚

鳥栖-湘南 後半ロスタイム、豊田のヘディングに飛び込み、勝ち越しゴールを決める鳥栖DF金井(右)=神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚(撮影・山口源貴)

 明治安田生命J1リーグ第23節第1日は17日、神奈川県平塚市のBMWスタジアム平塚などで7試合があり、サガン鳥栖は湘南ベルマーレに3-2で競り勝ち、2連勝となった。通算成績は7勝3分け13敗(勝ち点24)で順位は16位。

 首位のFC東京は0―1で広島に敗れ、連勝は3で止まった勝ち点48のまま。2位鹿島は相馬の得点で大分に1―0で勝ち、同44とした。川崎は仙台と2―2で引き分け、横浜MはC大阪に1―2で敗れて3連敗。札幌はジェイの3ゴールなどで清水に8―0で大勝し、クラブの1試合最多得点記録を更新。神戸は浦和に快勝した。

 第24節は8月23、24の両日にあり、鳥栖は23日午後7時半から鳥栖市の駅前不動産スタジアムでヴィッセル神戸と対戦する。この試合はFWトーレスの引退試合となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加