黄綬褒章受章祝賀会で謝辞を述べる市丸道雄さん(右)。写真左は妻の初美さん=伊万里市内

 春の褒章で黄綬褒章を受けた伊万里市波多津町の市丸道雄氏(60)の受章祝賀会が8日、ロイヤルチェスター伊万里で開かれ、農業関係者ら約150人が祝った。

 市丸氏は養鶏や花苗生産、加工品販売などを手掛ける農業法人「百姓屋」の代表を務める。家族で役割分担して多角経営を実現し、産休・育休制度の導入など働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでいる。

 祝賀会では山口祥義知事や地元の国会議員らがあいさつし「これからも時代を先取りした農業を実践し、他の模範になってほしい」などと期待を寄せた。市丸氏は「今回の栄誉は妻、子どもたち、農業関係者の代表として授かったと思っている。今後も微力ながら農業や地域に貢献していきたい」と謝辞を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加