男子走り幅跳び 3回目に8メートル40をマークし、日本記録を更新した城山正太郎=福井県営陸上競技場

 男子走り幅跳び 1回目で8メートル32をマークし、日本記録を更新した橋岡優輝=福井県営陸上競技場

 陸上のナイトゲームズ・イン福井は17日、福井県営陸上競技場で行われ、男子走り幅跳びで城山正太郎が3回目に日本新記録となる8メートル40を跳んで優勝した。橋岡優輝が8メートル32で2位。1992年に森長正樹が出した8メートル25の日本記録を橋岡が1回目に7センチ更新し、さらに城山が今季世界2位の跳躍で塗り替えた。

 同110メートル障害では高山峻野が13秒25の日本新記録で優勝。7月に自身がマークした13秒30を更新した。女子100メートル障害は寺田明日香が日本記録に並ぶ13秒00で制した。

 男子100メートルは桐生祥秀が10秒05で勝った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加