プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は17日、広島のサビエル・バティスタ外野手(27)が6月上旬のドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。薬物の種類などは明らかにしなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加