繊細な絵付けと鮮やかな色合い。創作絵師として活躍する溝上華仙さん(40)=有田町=の作品は、有田焼のイメージを一変させる、おもちゃ箱のようなポップな色彩が広がる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加