農村ビジネスに取り組む基本的な考え方について説明する森宗一別府大講師=佐賀市のグランデはがくれ

 地域のリーダーとなる認定農業者の経営研修会がこのほど、佐賀市のグランデはがくれで開かれた。約80人が、生産物の6次産業化など農村ビジネスに取り組む基本を学んだ。

 「農村ビジネスにチャレンジする前に考えておくこと」のテーマで別府大講師の森宗一さんが講演した。森さんは「自分がどうなりたいか、どうやるのか、明確にする必要がある」と指摘し、事業の目的と方法を定めた上で「それを具体化するための事柄を時間軸で考えるといい」と助言した。豊富な事例を挙げて、市場とコミュニケーションを取る大切さやコスト意識を持って時間を管理する大切さも説いた。

 県は農村ビジネスに対する補助制度や相談窓口などについて説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加