唐津市教育委員会は16日、唐津保健福祉事務所(大名小路)の建て替えに伴う唐津城跡発掘調査で、江戸時代の高額貨幣である「丁銀(ちょうぎん)」が出土したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加