サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の4回戦以降の組み合わせ抽選が16日、東京都内で行われた。2年連続の8強入りを目指すJ1鳥栖は9月18日午後7時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムでJ1C大阪と対戦することが決まった。2連覇を狙うJ1浦和はホンダFC(静岡)と戦う。

 大学勢で唯一勝ち上がった法大(アマチュアシード)はJ2甲府に挑む。前回準優勝のJ1仙台はJ2長崎と顔を合わせ、鹿島は横浜MとのJ1上位対決となった。

 16強による4回戦は9月18日と25日の開催。決勝は来年1月1日、新国立競技場で初のスポーツイベントとして行われる。日本サッカー協会の田嶋会長は「何としても決勝に進みたいという気持ちが表れるのではないか」と期待した。

このエントリーをはてなブックマークに追加