不動明王大仏像のある畳の間にオープンした「寺カフェ」=基山町宮浦の本福寺

 基山町宮浦の本福寺で、この夏から土日限定の「寺カフェ」が始まっている。営業時間は午前9時から午後4時まで。

 カフェは境内にある善法堂にオープン。色彩鮮やかな5メートルの迫力ある不動明王大仏像のある畳の間で、有料でデザートやドリンクが振る舞われている。

 同寺は観光地として、絵画のような手描きの週末限定御朱印がSNSを中心に人気を集めており、来訪者は避暑を求めてカフェでくつろいでいる。

 北九州市から夫婦で訪れた大澤清子さん(42)は「御朱印集めが趣味。初めて訪れたが建物や御朱印の華やかさがすごい」と驚いた様子だった。

 9月まで提供されているかき氷は500円(税込み)から。問い合わせは同寺、電話0942(92)2451。(地域リポーター・江藤裕子=基山町)

このエントリーをはてなブックマークに追加