全国戦没者追悼式で、安倍晋三首相は「歴史の教訓を深く胸に刻み」との文言が入った式辞を読み上げたが、アジア諸国への加害責任に触れなかった。言及しないのは第2次政権発足後の13年の追悼式から7年連続。

このエントリーをはてなブックマークに追加