【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は15日、植民地支配からの解放記念日「光復節」の政府式典演説で「日本が隣国に不幸をもたらした過去を省みる中で、東アジアの平和と繁栄を共にけん引していくことをわれわれは望む」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加