佐賀北署は14日、入管難民法違反(偽造在留カード所持)の疑いでカンボジア国籍の住所不詳、自称無職の女(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は13日、佐賀市内で、偽造在留カード1枚を所持していた疑い。「間違いない」などと容疑を認めている。

 女は昨年4月、県内企業の技能実習生として入国、今年5月に職場から行方不明届が出ていた。正規の在留カードは別に持っているといい、同署は偽造カードの使用目的などについて調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加