救助されたレジャー客は毛布を羽織り、待機していた消防車両に乗り込んだ=15日午前9時9分、大分県玖珠町日出生の大谷渓谷(大分合同新聞提供)

 大分県玖珠町の現場(大谷渓谷)

 大分県警と地元消防は15日、台風10号の雨による川の増水で孤立した同県玖珠町・大谷渓谷の観光客18人の救出活動を、40人態勢で再開した。午前7時ごろ携帯電話で連絡が取れており、けが人や体調不良を訴える人はいないという。

 地元消防によると、観光客18人に救助隊が合流し、容体を確認するため救急車での搬送が始まった。全員が無事という。

 大分県によると、同県玖珠町の渓谷で孤立していた観光客18人全員の救出が完了した。

 県や消防によると、18人は同じグループで、車6台でバーベキューなどをしに佐賀県から訪れたとの情報がある。生後5カ月の女児ら未成年11人と、34~42歳の男女7人とみられる。14日午後4時35分ごろ「車が水没して動けなくなった」と119番があった。川から少し離れた小高い場所に避難し、持参したテントなどで一夜を明かしたとみられる。

 14日の救出活動は増水の影響もあって現場に到着できず、15日午前2時に中断していた。

 大分地方気象台によると、玖珠町では15日も断続的に雨が降った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加